1件ずつ表示 
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2007.11.05 Mon

お受験 For 発達障害児-その5-

*************************

まず最初に、誤解をされないようにしてほしいのですが、
私は何が何でも、私立中学受験を勧めているのではありません。
地域によって、公立中学の方がいい場合もありますし、
受験は、選択肢の一つとして、ご紹介してるだけですので、
この点をどうかご理解願います。

*************************

ほとんどの私立中学は、中高一貫教育なので
高等学校が併設されていて、中学に合格すると、
よほどのことがない限り、高校卒業まで面倒を見てもらえます。
そうです、高校受験がないのです。
しかし中には、学校によっては、成績不振の場合
中学の間は、まだ義務教育中なので何とか卒業できますが、
3年生の卒業時に、高校は他の学校を受験してほしい
と言われる場合もあるようです。
念をおしておきますが、
上のケースは、よっぽどまれなケースですがね。

反対に、自身がどうしても学校になじめない、とか
勉強が難しくてついていけない。
また、簡単すぎてつまらないといった場合もあります。
受験前には、いい学校だと思っていても
入らないとわからないことだっていっぱいあるのです。
いくら高校卒業までといっても、
イヤだなぁ~つまんないなぁ~
そう思いながら過ごしてしまっては、せっかくの学校生活が
台無しになってしまいます。
発達障害の子供は特に、一度キラい、イヤだと感じてしまうと
不登校になってしまったり、自己評価を下げてしまう可能性が高いので、そんな場合は、転校も考えなければなりません。
もちろん、これは極端なケースですが、
いい解決方法を何度も学校と話し合っても、埒があかないときは、
いたしかたありません。


何度も言うように、原則的にはこの学校で6年間を過ごすのが約束ですが、中には、経済的な理由などのから、キリがいいからと中学卒業と同時に他の高校に進学してしまう子も何人かいます。
学校側にとって、生徒たちは「大切なお客様」ですので
引き止めますが、どうしてもイヤだという相手に、無理強いもしないし
法的にそんな拘束力もありません。
そんな場合も、学校によって違いがあります。

1 中学卒業までは、今通っている中学にいてもいい。高校受験に必要な書類(内申書など)も書きます。しかし、他の高校(公立高校も含め)に合格できるためのフォローはしませんという場合。
-----------------------------------------------------
このケースは、卒業までは「針のむしろ」ですが、ひたすら志望校へ合格するために頑張るのみですね。



2 うちは、中学~高校までの6年間が原則。他の高校に進学するのなら、他の生徒への影響もあるので、一旦、地元の中学に転校して、そこから他の高校をめざしてくださいと言う場合。
------------------------------------------------------
このような対応をする学校は、案外多いらしく、
一刻も早く、高校受験の準備をされたほうがいいかと思います。

志望校が、どちらのパターンなのか
説明会のときにでも、聞いておくことも必要でしょうか。

しかし、どちらにしてもこういう展開は、
子供にとってはいいはずがないので、
中学受験をするときには、
学校のブランド名や大学進学率などにとらわれず、
子供にとってどこの学校が合っているのか、
6年間通えるのかなど、充分考慮の上、お決めください。


スポンサーサイト

続きを読む
Category: 発達障害児のお受験 Comments (0)

この記事へのコメント:

この記事へコメントする:


    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。