| main |
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2008.09.11 Thu

怒りをどこに?

先日、少しイヤなことがあったので、
今日は、そのことについて書くことにする(少しエラソー)

ゆうゆうが、泣きべそをかきなから学校から帰宅してきた。
理由を聞いたが、
「別に・・・・・」と言うばかりである。
反抗期を向かえた彼にとっては、親である私に
ああだこうだと説明するのが面倒なのだろう。
まっ、いいか・・・とお昼を出したら、ペロっとたいらげ、
少しずつ話し出した(そっちだったのかよッ)

その日、いつも仲良くしている友達と遊ぶ約束をしていたらしのが
当日の朝になって、
「今日、どこかに行くから遊べない」と言われ、
「そうか。。。。じゃあ仕方ないな」と思っていたところ、
別の子供を遊ぶ約束をしているのを偶然聞いてしまったらしい。
そこでゆうゆうも、ほっとけばいいものを帰りに
「何でウソつくねん?!」と問いただして、とうとうケンカに
発展してしまったらしいのだ。

小学生の低学年ならいざ知らず、もう中学2年生なのだから
ケンカの一つ二つするものである。
誰の仲裁もなく、解決する方法を見つけるのもいい勉強。
そう思って、「そうか・・・・・つらかったね」と共感するふりをし(笑)
一緒に、昼ドラを見ていたところ、
ゆうゆうの携帯に、着信があったことに気づいた。
さっきのケンカした子の携帯からだった。

ゆうゆうは、「さっきは、ごめんな」という謝りの電話だと思い、
リダイヤルしてみたら、
なんと突然相手のオヤジが出てきたらしく、
私に代わってくれと言う。

しかし、いきなり、

「あのねっ、さっきケンカしたみたいやけど、今後のこともあるので、
こっちの言い分ばかり言うと勝手と思われるから、
ゆうゆうくんの言い分もそっちで聞いてくれますか?
それで、一度ゆうゆうくんのお母さんとお父さんと一緒に
話し合いをしたいと思ってますねんけど・・・・・・」



はぁぁぁぁーーーーーーーーーーーー?!

である。
しかし、全く意味不明であるが、
少し興奮気味であることだけは、わかった。

あぁーーーーゆうゆうのことだから、さっきケンカしたときに
捨てゼリフに
「アホッ!!」とか「ボケぇぇぇッーーーーーー!」とか言って
蹴りの一つくらい入れたのかもしれない。
あれほど、暴力はダメだと言ってるのに・・・・・(-_-;)

「一体何があったのですか?」と聞くと
「いえ、電話で話すことじゃないですから」
と返事された。

子供のオヤジが、相手の親に電話してくるなんて
しかも、電話では言えないなんて、
私の知らないよっぽどのことがあったのだろうか・・・
ますます心配になってきたのだが、
何度事情を聞いても、息子さんに聞いてくれの一点張りだったので
「じゃあ、ゆうゆうに聞いてみます」と返事し、
とりあえず、ここは電話を切った。
その後、ゆうゆうに事情を聞いたが、新たな事実は出てこなかったで、
相手の言うとおり、話し合いに応じたほうがいいのだろうか、とも考えたが
何度も言うように、子供の同士のケンカの可能性が強かったので
ここで親が出て行ったのなら、
仲直りできるものも、できなくなるのはわかりきっているので、
申し訳ないが、学校の担任の先生に間に入ってもらうことにした。
学校の先生って、本当に大変である(おまえが言うなッ)

すぐさま、担任の先生に連絡を取り、事情を説明すると
「実は私も、Sallyさんちへ電話しようかどうか迷っていたところでした・・・・・」と
言うではないか。
何何?と話を聞いてみると、
タイムリーなことに先ほど、相手の母親から電話で相談があって、その内容を簡単に言うと、こうである。

①  帰り際に、ゆううゆうが相手の子供の腕を強くつかんだため、少し傷を負わされた。(聞くところによると、擦り傷程度)

②  ゆうゆうに、自転車のタイヤを蹴られ、顔にビンタもくらった。

③  ゆうゆうが相手の子の家に遊びに来たとき、「これで、飼っているイヌを撃て!」と空気銃を渡した。

そんな内容の電話をもらい、相談を受けたと言うのだ。


顔にビンタだとぉぉぉーーーーーーーーーー?!

空気銃だとぉぉぉぉーーーーーーーーーー?!


おかしい・・・・・・いや、腕を強くつかんだというのは、ありえるかもしれない。
確かにゆうゆうは、以前はよく手を出していた。、
しかし、最近、暴言こそ吐くが、(これもダメだって)
手を出しても何の解決にもならないということはわかっているはずだし、
空気銃なんていう凶器も、買い与えた覚えもないし、持っていないはず。
『うちの子に限って』ではないが、信じがたい内容もあったので
もう一度、ゆうゆうに確かめてみたが、
顔に、ビンタなんてしてないし、ましてや空気銃なんて持っていないのに
「そんなもん、あげれるはずはずないじゃないかよッ!?」と言った。


だよねぇ・・・・・・

しかし、、、、、、、、







「オレ、腕を強くつかんだから、もしかして少しケガさせたかもしれない」
「オレ、自転車のタイヤは蹴った気がする・・・・でも、





弱くだよ、弱く!!」



ははは。
半分は、真実なのね(涙)








担任の先生は、自分は客観的に判断ができる立場なので、
明日にでもさっそく、双方に聞いてそのうえ、また連絡するということだった。




  

そして翌日、学校から電話があった。







まず、何の釈明もなく逃げようとしたので、ゆうゆうは
「待てやぁぁぁーーーー!!」と相手の子供の腕を強く掴んだ。
その結果、少しひっかき傷ができた。
これについては、謝罪した。

次に、ゆうゆうが自転車のタイヤを蹴ってしまった。
しかし、これによって、相手の子が転ぶなどということはなかったので
これも謝罪。

しかし・・・・・・
顔を殴ったという事実は、なかった。
これは、相手の子も認めた。

最後に、空気銃を渡したということであるが、
やはり、これも誤報で、おもちゃのピストルを渡したらしかった。
空気銃とおもちゃのピストルじゃあ、エラい違いだ。
だが、おもちゃと言っても、人や生き物に当たると危険である。
この点は十分注意しなければ、ならない。

これでイヌを撃てなどとゆうゆうに命令されたと相手の子供は言ったが
ゆうゆうは、「これ、要る?」と言ったくらいで、
「うん、じゃあ、イヌでも撃つか?」と相手の子も返事し、
お互いに
「ホンマにやったら、アカンがな!!あっはっはっ~~~~~!」
と笑ってすごしたので、
てっきりゆうゆうは、冗談だという風に思っていたらしい。
私も、その場にいれば、そう思うと思う。

その後、担任の先生はうまく仲裁をしてくれたそうであるが、
「実は・・・・・・」と言いかけた。

今度は、何なのさ?と思いながら聞いていると

「相手の子供さんのオヤジ、いえ、お父さんですが、
PTAの役員でして・・・・・・」

あぁ、そういえば、春の懇談会で、エラソーに能書きをタレてたなぁ(コラ!)

「相手の家には、これから電話するんですけどね、
モンスター何とかとまでは言えませんが(←ってゆーとるがな)
いや、あの、まぁお父さんという存在は、あまり子供の友達とも接触がなくて
・・・・・あのぉ、まぁ~~だから、いつも心配で、ちょっとしたことでも
すぐに大げさになっちゃってねぇ・・・・・・・
で・・・・・」


はいはい、言おうとしていらしゃることはわかりますよ、

センセっ!!







確かに、ちょっとにせよ、ケガさせたことは悪いっすよ。








でもね、でもね、




自身満々に、顔を殴ってもないのに、殴ったなんて言われて、

おもちゃと空気銃だと言われて、



ゆうゆうの濡れ衣は、一体どうなるねんッ!!!




もしかして、「退学かよ・・・・」と思って心配で、








昼寝できなかったアタシは、一体どうなるんでしょう~~~(そっちかよ)






この怒りは、どこにぶつけたらいいのか、

教えてください、ねえ、先生!!(笑)


続きを読む
スポンサーサイト
Category: アスペのゆうゆうの話 Comments (0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。