| main |
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2008.03.19 Wed

It Can’t Be!

昨日、ゆうゆうが帰るなり

今日、筆箱忘れた~~~~~

だから、いつもゆ~~てるやろ?
何で前の日、時間割合わすときに確認しておけって。
筆箱忘れたら、授業受けれないやろーが。。。。。。。。

「だから、違うんだってばッ」

実は、ゆうゆうのヤツ、
筆箱を






















電車の中に忘れたというのだ。
オマエは、電車男かよッ?(←全く意味不明)


もしかして、ゆうゆう、
学校の最寄の駅まで2駅という短時間で、
筆箱出して、勉強してたのか・・・・・・・


かーさんは、嬉しいよぉぉぉ~~~(←親バカ)
そこまでして、勉学に励もうと思っておったのだな。
でもな、ゆうゆう、
キミの気持ちはわかるけど、乗ったと思ったらすぐ降りにゃイカンやろ?
これからはせめて、英単語帳を開く程度にしよう~なっ♪



「だから、違うんだってばぁぁぁぁーーーーーーーーーー!!」


何が違うのさ?


「代数の教科書が入ってるかどうか見ようと
正カバン(注:教科書が入ってる学校指定のバッグ)を開けたら
筆箱が邪魔になって、座席に出して、確かめた後、筆箱をカバンに入れるの、
忘れたやな・・・えっへっへっ」



(:.;゚;Д;゚;) '`ァ?
カバンに入れるのを忘れただとぉぉぉぉーーーーーーーー?!



 It Can’t Be!
(日本語訳:ありえない)



そんなヤツ、おらんやらへんやろ・・・・・・
チッチキチ~~~~~~







それにしても何が

「えっへっへっ・・・」やねんっ?!



キミを一瞬でも褒めたことを悔やむ、アタシ(泣)



仕方ないので、ゆうゆうに鉄道会社の落し物センターに電話しろと指示した。

「お母さんが、やって~~」

無理である(鬼母)

ゆうゆうよ、
自分の尻は、自分で拭くのだよ(爆)
それが、大人への一歩なのだ。

「だって・・・・・・・・恥ずかしいし、コワイんやもん」



恥ずかしいだとぉぉぉぉぉーーーーーーーー?!
コワイだとぉぉぉぉーーーーーーーー?!

何、甘えたこと、ゆ~~てるんじゃッ!

コワイという気持ちはわかるが、
いくら何でも鉄道会社のおっちゃんも中学のガキを取って食おうなんてしないし、
世の中、こんな失敗くらいで、
恥ずかしいぃ~~♪などという女学生みたいなことを言っておったら、
社会の荒波にのまれてしまうぞ、ゆうゆう。

もう一度、言う。

自分の尻は、自分で拭くのじゃ。


ネットで電話番号を調べて、自分で落し物センターに連絡し、
落としたときの事情を話して、
返してもらえるよう、頼んでおったよ(笑)



「午後4時をまわったら、○○駅(うちの最寄の駅)に取りに来てって言われた」
そう、言ってたくせに、昼寝をして遅れ(コラ!)
午後5時半ごろ、無事返してもらえたようだ。

駅員さん、面倒かけてかたじけない・・・・・m(_ _)mゴメン
(何故か、エラソー)




続きを読む
スポンサーサイト
Category: アスペのゆうゆうの話 Comments (0)
2008.03.17 Mon

キレ違い。

ゆうゆうの学校では、英語の授業が毎日あるのだが、
そのうち週に1時間、外人の講師が来て、ヒアリングの練習をしている。
今時の公私立中学では、これからの国際社会を見据えてのことだろう。
考えてみれば、私たちの時代なんて、外人と言えば
テレビの中で「ケント・ギルバード」か「ケントデリカット」くらいしか、
見なかったと思う。(いつの時代やねんッ!?)

ところが、
ゆうゆうの学校のオーラル(ヒアリングの時間をこう呼ぶ)の外人講師が
この3月いっぱいで”お役ご免ら”しい。
ゆうゆうは、休み時間によく保健室を利用しているのだが、
そこで、先生同士のこそっと話を聞いてしまったのだ。
彼の名誉のために言っておくが、
あくまでも聞こえたのである(笑)

「お母さん、外人のR先生、何でもキレたんやて。」

えぇぇ~~~~~~
もしかして、給料があまりにも安くて、
校長先生、いや、理事長にブチギレたのかよっ!(勝手な想像)
日本って国は、外国人労働者には、ずいぶんと冷たいからなぁ~~~

「そうじゃなくて、たぶん、、、、、、」
ゆうゆうの話によると、










中等部の職員室の中では、
1年の代数(数学)の先生・M田先生が、
学年主任のせいかどうかは知らないが、シキラーで、
しかもこのじーさん、すごくジコチューなのだ(コラ!)
ゆうゆうのクラスの幾何(数学)の先生が、このM田先生に
「S本くんっ(←幾何の先生)、期末テストの問題、まだ?来週までには作りたまえ」と
エラソーに言われている場面に、ゆうゆうが遭遇したことがあるのだと言う。

それにしても、いろんな場面に遭遇するゆうゆうって、一体?(苦笑)

S本先生は、高等部、それも3年生の幾何の授業も受け持っているので、
「あの・・・・・・高等部の問題を吟味して作るので、少し時間をくれませんか?」
丁寧にお願いしたにもかかわらず、このじーさんは
「ダメじゃ、ダメじゃ。」と一方的に言ったまま、
どこかへ消えたらしい。
とにかく、高等部の3年生は目の前に大学入試を控えており、
色々考えなければならないから、中1の問題より、
高校の問題を優先しなければならないのは、当然だと思う。
なのになのに・・・・・・・

ちなみに、このじーさん、ゆうゆうたち生徒の中でも
「教科は好きけど、先生はキライ!」と言われているシロモノである(バラすなって)

こんなじーさんなので、きっと外人講師のR先生も、
学年主任のM田先生に色々面倒なことを言われて、
「コンナ、ガッコウ、モウ、ヤメマスッ!」などとブチギレたに違いないっ!

時々、少し早合点する傾向にあるゆうゆうだが、
遠からず、当たっていると思う。


数日後、登校するとき駅で、英語のN先生と偶然会い
(注:女の先生で通常の英語の先生。もちろん日本人)
ゆうゆうが、R先生がなにを言われて辞めるのかを知りたかったので
(おまえは、芸能記者か?)

「R先生、キレたんだよね?」

そしたら、英語のN先生、

「そうそう。結構、面白かったのにねぇ~~~」

ゆうゆう、「M田先生に、何言われたの?」

N先生「???」

ゆうゆう「ブチギレたんでしょ?
保健室で、キレたから辞めるって先生が言ってたのを聞いたけど・・・・」

最初は、おかしいことを言うなぁ~って思ってたN先生、

「違う違う(>3<)=3 ぷぷぅ」と言ったあと、

「実はね、





















R先生の”ビザ【visa】”がキレたのよ~~~~~



そのあと、N先生が死ぬほど笑い転げたのは、言うまでもない。






ゆうゆうよ、人の話をしっかり最後まで聞きましょう~




忘れておったが、M田先生に濡れ衣を着せてしまい、すまんm(_ _)m






続きを読む
Category: アスペのゆうゆうの話 Comments (0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。