| main |
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2008.02.26 Tue

ただ今、絶不調です

1月の末ごろから、愚息ゆうゆうの体調がおかしい。
6時限ある学校の授業が、一日通して教室で受けれなくなったのだ。



原因は、たぶんこれだと思う。




もうすでにご存知の方もいらっしゃると思うが、
今までADHD児の薬として処方されてリタリンが、
あるクリニックで、乱処方されてたことが明るみになったのだ。
で、昨年末、厚生労働省のお達しで、
ADHDの治療薬として、リタリンが処方できなくなったたらしい。
ADHD児にとって、神の薬だった(←言い過ぎ)リタリンがなくなれば、
どうなるかは、ADHD児のお母さんなら、ご想像つくと思う。


なに、さらすねんッッ~~~~厚生省!!!(笑)


まあ、前々から、薬をやめる方向でドクターと相談してたわけであるが、
これを機に、ゆうゆうが中学生になったことだし、
学校でも落ち着いているので、
3学期の初めから、全く薬を一時中止することになった。

が、やはり無理だった。
友達とトラブルを起こして、急にクラスに居づらくなり、
あわててドクターに相談して、
リタリンに替わるある薬を処方していただいた。

が、この薬がゆうゆうに全く合わなくて、
どうもフラフラ状態でイスに座ってられなくて、
ひどい時なんて、半分くらい授業が受けれなり、
保健室で寝てたなんていう日が出てきた。

しかし、物事というものは、一度歯車が狂うと次から次へと悪いことが続き
毎日、一日に何度保健室へいくゆうゆうに対してクラスメートは
「サボリ」ととるようになった。
家庭科の実習のとき、
「おまえは、いつも嫌な授業のときは、保健室へ行くんやな。
そんなヤツに何もさせられへん。
おまえなんて、『死ね』!!」
などの罵倒も浴びせられたこともあったようだ。

ゆうゆうに、「死ね」と言った子は、あとで家庭科の先生アンド担任の先生に
ひどく叱られたようで、次の日の美術の時間に、
「おまえの(ゆうゆうの)せいで、叱られたやろーが!!」
と逆恨みもしてきた。
(ゆうゆうのことは、各教科担当の先生が知ってます)

おまけに、ゆうゆうは、音に非常に敏感で、
授業中に少しでもガヤガヤしてると、急に気分が悪くなる性質も
影響してたようだ。

このころから、急に腹痛、耳鳴りなどの不調を訴え、
内科、耳鼻科などクリニックを転々とし、検査もしていただいたが
全く問題なしで、やはりストレスだろうということだった。

そんなこんなで、リタリンに替わる「コンサータ」という薬を
処方することになった。(興味のある人は、検索してみてね)
15歳未満の子供への投薬量は、一般的に体重によって決まるが
あくまでも「一般的」であるので、量、副作用、効く時間など
どうしても個人差があって、
一度でもリタリンを処方された方は、経験があるだろうけど、
一番いい状態になる量というのは、何日も何ヶ月も試行錯誤し
やっとの思いで、現在の量を探し当てたというのに
いくら、リタリンと同じ作用だと言っても、違う薬なのだ。
コンサータの適量をまた、探し当てなければならないのだ。
何日もかかって、何ヶ月もかかって・・・・・・・
その期間、1番つらい思いをするのは、子供自身なんだ。

このことを厚労省のお役人さんは、ご存知なのだろうか。
いや、知らないだろう。
知ってりゃ、

はい、リタリンはNGなので、コンサータ。
これで、文句はないやろ?

なんて態度をとるわけない。

話が少し横道にそれてしまったが、こんな状態で明日から学期末テストだ。
いや、テストなんて、どうでもよい(ダメだってば)
そのテストが終わると、3泊でスキー合宿に行くわけであるが、
昨日、担任の先生に、

できれば、参加させてやってほしい。
問題が起こるかもしれないが、それは想定内。
私もいるので、交友関係の問題は、責任を持って対処します。


本当に有り難いお言葉だ。
心から感謝したい。



しかし、今は、ゆうゆうの体調面だけが心配である・・・・・・









続きを読む
スポンサーサイト
Category: アスペのゆうゆうの話 Comments (0)
2008.02.15 Fri

言いたくないけれど・・・・・

*************************

まず最初に、誤解をされないようにしてほしいのですが、
私は何が何でも、私立中学受験を勧めているのではありません。
地域によって、公立中学の方がいい場合もありますし、
受験は、選択肢の一つとして、ご紹介してるだけですので、
この点をどうかご理解願います。

*************************


>受験に関して、質問事項などがあれば、遠慮なく
メールで聞いてください。私でわかる限り、お答えします。


確かに、↑こう書きましたし、私と同じ発達障害児をお持ちのお母さんに
少しでもお役に立てれば、と思って、6回に分けて
私立中学受験のことを書きました。

でもね、


でもね、












メールで聞いておいて、その後何の連絡もないのは、どうでしょうかねぇ~

もちろん、私は受験のプロでもないので、わかる範囲でしかお答えできません。

なので、お答えした内容が、知りたい情報でなかったのなら、

申し訳ないです、

時間と手間の無駄ですもんね・・・・・(苦笑)

私は、ネチケットうんぬんというつもりは、全くないです。

でもね、私だって時間を裂いて、メールを打ってるんです。

文章だって下手なので、私なりに失礼にならぬよう、

一応気をつけてるつもりなので、人より倍以上時間がかかります。

しかも、裏情報もお教えしてることもあるんですよ。

それとも、知らない会ったこともない私だから

メールで聞いておいても

「あっ、そうなんだ」・・・・・・で終わりなんですか?

それでも一言、

「情報をありがとうございました」くらいのメールがあっても

いいんじゃないかと思うんですけどねぇ。





って、少し私の愚痴になっちゃいました(笑)


続きを読む
Category: 発達障害児のお受験 Comments (0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。